双樹「・・・え?」
怜也「お前に言いたい事がある」
怜也「俺にはもう、お前が友人には見えないんだ・・・と」
怜也「昔、言ったよな・・・憶えているか?」

双樹「・・・うん」
怜也「その時は、その前に起こした行動のせいで誤解をさせてしまったが・・・」

つづき