古鏡「でね、かか様。古鏡はとても気になっているのです」
古鏡「今度、一緒に出かけましょうね、かか様」
阿朱「・・・いいね!楽しそう」
阿朱「古鏡ちゃんは何でも詳しくてすごいね〜」
帰郷「(・・・こいつ、あっという間に馴染みやがった)」

つづき