慶「・・・そういえば、最初に会ったときの事、憶えてますか?」
娘娘「・・・・いつの事かしら」
娘娘「きっと憶えてないわ、懐かしすぎて」

慶「・・・ひどいなぁ、知り合ったのはつい最近なのに」
慶「でも、俺もそんな気がします。もっと昔に会った事があるんでしょうか?」
慶「だって、最初に会った時から、貴女は俺の事を知っているようだったから」

つづく