阿朱「えっ・・・ええ〜・・・・・・」
阿朱「・・・えっと・・・・・いいのかな?僕なんかで」
阿朱「・・・だって、一応、男の子だよ、籍入れられないよ」
緑流「大丈夫だよ」

つづく